スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



オールドスパイス ホワイトウォーター

かつて日本でも60年代に大ヒットしたオールドスパイスも、親会社がシュルトンからP&Gに代わってからその魅力的な香りも変わってしまい、現在流通している物に以前の面影は無いに等しい。おそらく原料を換えたのだろう。
トレードマークも帆船からヨットになってしまった(最近また帆船に戻りつつある)し、容器も樹脂製になってしまった。そんな中ガラスボトルで以前のシュルトン社の面影を残す香りなのがこれ。

ホワイトウォーター

ただ、かなりクセの強い香りで、加減が難しい。香りは甘い感じで悪くないが、所謂外国製品にありがちなアクの強さがある。
もう殆どが廃盤になってしまったが、かつてシュルトン社が元気だった頃は、オールドスパイスオリジナル(クラシック)のほかにフレッシュライム、レザー フレッシュセント、ムスク、それに若者をターゲットにした『ナイトスパイス』など多彩なラインナップが揃っていた。このうちフレッシュライムは日本でも発売されたのでご存知の方も多いはずだ。更にスカイトレイル(オリジナルはブルーストラトスという商品名)やバーレイなどもあったが、その後バーレイが分離独立、最近でも輸入されたバーレイを買う事は出来るが、やはり以前のバーレイとはまったく別物の香りになっている。そういえば『L.T.D.』ってのもあったっけ?
このホワイトウォーターはそんなクセの強かった昔の香りを思い出させるが、残念ながら現在はアフターシェーブローションのみ販売となっている。
なお、かつてのシュルトン社時代の商品もアメリカのオークションサイトにも最近はあまり出なくなった。


テーマ : 香りの記憶
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

温泉

Author:温泉
絶版香水の収集と香港・マカオ散策がライフワーク。


カメラはシグマSD1メリルを使ってます。

カウンター
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユートラベルノート Myページ
台湾猫さんのMyノート
検索フォーム
RSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。