スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



エイボン トラザラ

これも纏めてオークションに出ていた数本のうちの1本。エイボンのメンズコロン『トラザラ』。
どのカテゴリーにしようか迷ったんだけど、当時はエイボンの日本法人が販売を手掛けていたので『その他のメーカー』としてエントリーした。

エイボン01

実は子供の頃、うちの風呂場にエイボンの香水があったような記憶があって、子供心に「お洒落なボトルだなぁ・・・」と思っていた事がある。何時頃、何処から誰が持ってきたものかは判らなかったが、誰も使わず、そのうちどこかにいってしまった。今考えると勿体無い事をしたものだと思う。
エイボンやレブロンといったアメリカ系のブランドは所謂『大衆ブランド』なのであまり高級品という認識をされず、香港・マカオ辺りではレブロンなど二束三文の価格で買う事ができる。まぁ当時の時代背景を考えるとアメリカにとって徐々に豊かになってきていた日本は利益になる市場であったのだろうし、また日本人も欧米=アメリカと、意図的に誤解させられていた側面があったようで、舶来の化粧品といえばアメリカ製という図式があったのかも知れない。

エイボン02

エイボンは結構ボトルデザインに凝ったものを採用する事が多いが、これは意外とシンプルなデザイン。香料も天然物が多いらしく香りは優しい。ただ残念な事に、中身が変質してきている。実用価値は殆ど無いといえるだろう。ジバンシーのジェントルマンに似た香り。


テーマ : 香りの記憶
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

温泉

Author:温泉
絶版香水の収集と香港・マカオ散策がライフワーク。


カメラはシグマSD1メリルを使ってます。

カウンター
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユートラベルノート Myページ
台湾猫さんのMyノート
検索フォーム
RSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。