マンダム オンリーワンロード

以前、絶版香水を探して都内の主だった商店街などを巡っていた時、東海圏や関西圏でデッドストックのありそうな場所を教えて欲しいとネットで発言したところ、大阪某所で香水を探し易い場所があるという情報を頂いた事があった。で、さらに情報提供者から 「実は、所有している香水で処分に困っているものがあるので良かったら貰ってくれないか?」 と、非常に有難い申し出があったので、大阪に出向いて香水を探すと同時に有難く譲っていただく事になった。 その時に貰ったのがこの『マンダム オンリーワンロード』という香水の3本セットである。

マンダム01


しかも、これは実は商品ではなく、マンダム創業80年を記念して社員や関係者のみに配られた所謂『非売品』なのである。数も少ないだろうし、欲しいからといって簡単に手に入る代物ではない。以前、フーズフーというかつてマンダムから発売されたオーデコロンが欲しくて本社に電話で問い合わせた事があったが、やはり生産中止から30年以上経っており入手は不可能という返事であった。この時、このオンリーワンロードの存在を知っていた為、それも合わせて訊ねてみたが、やはり不可能との返答であった。
さて、このオンリーワンロードのセット、箱を開けてみるとこんな風になっている。

マンダム02

マンダム03

3本の香水はそれぞれ、現在のマンダムの楚となった旧金鶴香水をイメージした過去の香りと、現在のマンダムの香り、そして未来のマンダムのあるべき姿をイメージした未来の香りの3種類だそうである。


マンダム04

マンダム05

マンダム06

マンダムといえば、おじさんの匂いの定番のようにも思えるけれど、イメージに囚われずに香りを評価するならかなりいい香りだと思うし、かつて存在したスポルディングやマンダムバーサスなどは現在でも通用する香りだと思う。
最近では海外の製品が比較的簡単に買えるので、イメージ先行型の人はジバンシーとかブルガリとか、海外ブランドを選びがちであるが、元々体臭が少ない上頻繁に風呂に入る日本人にはマイルドな日本の香水が合っているのだ。
香りのカネボウと言われたカネボウ化粧品が粉飾決済で壊滅状態になってしまった現在、マンダムには頑張って欲しいと思うのである。

素敵な香りを造ってくれる事を期待して、乾杯!


テーマ : 香りの記憶
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

温泉

Author:温泉
絶版香水の収集と香港・マカオ散策がライフワーク。


カメラはシグマSD1メリルを使ってます。

カウンター
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ユートラベルノート Myページ
台湾猫さんのMyノート
検索フォーム
RSS
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR